ピル

緊急避妊が必要になった際に使うのがアフターピルですが、性交渉が終わった後に飲める気軽さから頻繁に服用してしまう女性が多いと聞きました。私も病院で処方されたアフターピルは1錠しかもらえなかったのですがもしかすると頻繁な服用を避けるために1錠しか処方しないという病院の方針でしょうか。

確かに何度も服用するものではありませんね。私も少なからず副作用は出ましたし、体に大きな負担が掛かっているのだと感じました。

アフターピルが緊急避妊をしてくれる理由

病院でアフターピルを服用された際に説明があり、アフターピルは強いホルモン剤だということを知りました。なんでも成分はレボノルゲストレルという女性の体に必要な黄体ホルモンで出来ているみたいです。このレボノルゲストレルを大量に入っているアフターピルを飲むとホルモンの摂取量が多くなりホルモンバランスを崩してしまうそうです。それにより避妊をおこなうのだと言います。

体に負担は掛かってしまうけど元々女性の体にあるホルモンだから服用しても後遺症が残ることはなく危険ではないということでした。

避妊をしてくれる代わりに副作用が出る

お腹をおさえる女性
避妊をしてくれるのは心強いですが、お薬ですから体に何らかの副作用が出ると言っていました。体のホルモンバランスを乱すのですからそれなりに体も拒否反応を起こすようで吐き気や嘔吐、頭痛といった症状が出ると言われました。

案の定、副作用で吐き気と倦怠感には襲われましたが、私が望んだ避妊法なので仕方がありません。それに我慢できないくらい酷い副作用でもありませんでしたし、1日横になれば楽になりました。その間夫が家事と育児をしてくれていたのでものすごく助かりました。

協力があってこその避妊

夫も私も今は子どもを望まないので避妊の最後の手段としてアフターピルである、アイピルを備えています。日頃は夫に協力してもらいコンドームを着用してもらっています。アイピルはあくまでも最終手段の避妊薬として備えています。